投稿

超高速参勤交代

イメージ
8代将軍・徳川吉宗の治世下、東北の小藩・湯長谷藩は幕府から突然、通常でも8日かかり、さらに莫大な費用を要する参勤交代をわずか5日で行うよう命じられる。
それは藩にある金山を狙う老中・松平信祝の謀略で、弱小貧乏藩には無茶苦茶な話だった。藩主・内藤政醇は困惑しつつも、知恵を絞って参勤交代を完遂させようと作戦を練る。 この作品を見てると、つくづく思うのはアイデアの勝利である。そしてセンスが良い。

先日、超高速参勤交代リターンズを観たのですが、一作目の出来を期待してしまったので、かなりガッカリしました……。西村さん、井戸に落ちすぎでしょw 佐々木蔵之介は相変わらず素敵ですが、陣内さんの小者感が半端なく、尾張柳生?何それ美味しいの?とか考えてる間に、その人たちはいなくなってしまいますw 敵方が微妙である。 続編は見なくていいです。一作目だけ観れば、善き映画です。続編は参勤交代メインではありません。戦闘が茶番です。 ところで公式サイト、工夫されてるんですけど最高に見づらくてイライラするので、普通のサイトにして頂けませんか。インパクトは一つでいいから。 一作目に話を戻します。知恵を絞って参勤交代を完遂するという、素晴らしい映画。西村雅彦が良い味を出しています。それでいいのか軍師w 出演する方々が豪華です。見ているだけでも楽しい。相棒の亀ちゃんでない寺脇が見られますw 時代のせいか、男の尻を見る率が高いです。知念君? いいぞ、もっとやれ。お猿さんが可愛いのです。
戦闘、目を見張るシーンもあるのですが……茶番感が拭えないのは私だけかな……。

間に合うのかハラハラドキドキ、ワクワクしながら見られる良い映画です。 ​

ダイヤの国のアリス~wonderful mirror world~

今はなき、乙女ゲームブランド「QUINROSE」のアリスシリーズ。私の学生時代、いや今も夢中にさせてくれた作品。 メーカーサポートがもうちょっとマトモだったり、バグが頻発しなければ、メーカーを支持していました。DMMの事件に関わっていたとは驚きだったけど。作品自体は大好きです。……これではもう、続編は見込めないのが残念です。

 リリースされてから大分時間が経ってプレイしています。

ジョーカーの国のアリスに、ちょっとガッカリして、それ以降遊んでいませんでした。でもエースに会いたくなった。そんな理由から始めました。間違えてミラアリからプレイしてますけどドンマイ。すぐにダイアリまで行ってみせるよ!( ´∀`)bグッ!

藤丸豆ノ介先生が絵師になったため、随分こぎれいになってしまわれましたね。実は初期アリスの絵の方が好きでした。キャラクターの悪そうな部分とか、何とも言えない部分が好きでした。
絵は確かにきれいになったけど、微妙に顔の描き分けができていない気がする。例えばスチルの双子とエースの顔造詣の違い。顔のタイプが似てくると、髪型と目の色、服装しか違いが出ない。彼らは似ている。

あのあの、衣装変えたのなら、顔グラフィック部分の衣装も変えてくれませんかね! 皆さん、アリスの衣装に関して感想くれるのに、スチル出るまで自分、分からないんすけど!

昔に比べると演出もこなれてきて、雰囲気が良く出ている。ああ~、このシンデレラ以降のノベルシステム最高! あの死ぬほど退屈な、キャラクター訪問がない! 話に専念できる!

前の引っ越しとは違う雰囲気ー。オープニングでエースが出張っている……! サービスかな?( ^ω^ ) あああ、元気でなって、お前もう会えないのかよ( ;∀;)

アリスって考えてみれば、かわいそうだよなあ。今までの作品で、誰かと結ばれることになったとしても、結局は弾かれてしまう可能性があるんだよね? いや今回は誰とも結ばれてないからなのだろうけど。

とりあえず墓守さんは今のところ、普通っぽい。
駅に行ってみた。何かグレイらしき人とすれ違った。あれが噂の若グレイ?!
うわあ……ボリスが働いている。嘘みたい。ニートじゃねえのかお前。って思ったけど、やはり居候やった。 相変わらず自由だ……。

あああ、メアちゃん相変わらず偉そうwww グレイ、悪そうだけど、やっぱり面倒見がいい…

VisualStudioCode

Visual Studio Code 公式ページ
VSCは良いぞ。何つったって軽い。 天下のMS様が開発しておられるので、ものすごい頻繁に更新してくれるぞ。 頼んでもいないのに勝手に更新されるぞ!

エディターだけは軽い方が良い。ATOMは使用感悪かないのだけど、起動がもっさりで気軽に立ち上げられないのがネック。その点でもVSCはすぐ立ち上がる。

メモ帳が使いづらくて、何となくnotepad++に鞍替えし、Sublime Textに恋に落ち、やはり日本語対応と置換モッサリが気になって、ATOMを使いだす。
そんな歴史を経て、今はVSCを使っている。敢えて言おう、最高だ。

とりあえずプラグイン入れて、右下のバーから適切なファイル形式選ぶだけで、色分けはおろか補完なんかもしてくれる。既に使用されている変数なんかもリストアップされて鬼使いやすい。
HTMLやプログラミング用の形式であれば、文字を選択した後にCTRL+”(2/ふのキー)を押すと"で囲えたりする。ソースコード折りたたみにも対応。
Emmetが標準で使える高水準。

それから設定がやりやすい。……まあ、初心者向けでなく、中級者向けだと思うけど。やり慣れてる人にはいい。

ディレクトリで開くことができ、階層でファイルリストが表示され、シングルクリックでファイルが開く。放っておくと、いくらでもタブが増える。

githubは私、使っていないんだけど、有効活用すれば投稿もできるのかな?

デバッグ機能もある。使ってないけど。構文上のエラーも左下のバーで勝手にチェックしてくれるの賢い。感謝。

検索・置換機能もあって、当然正規表現対応。ファイル内検索も速い。但し検索・置換履歴の出し方が分からぬ。ないのかな?

ATOMでお馴染み、マークダウン記法のプレビューが見られる。 画面の分割表示ができる。
おススメのプラグイン 私が頻繁に利用する機能ということで紹介していきます。
JavaScript (ES6) code snippets名前の通りjavascriptの開発に便利Kirikiri Adventure Game (KAG) Script For VSCodeティラノスクリプト開発で愛用しています。Markdown PDFマークダウン記法で書いた記事を、HTML形式で出力させて、ブログ記事として投稿するために使用Ren…

どとこい

高校の入学式当日、呪いをかけられてしまった主人公。その呪いとは、美少女の解像度が悪くなりすぎてもはや■に見えてしまうというもの。女の子の好感度を上げれば画質も上がっていき、呪いが解けるようです。 「どとこい」は、選択肢を選んで進めていく、シンプルな恋愛シミュレーションゲームです。WIN、MAC、iOSで無料配信中。選択肢によって好感度が上下します。難易度は低いです。 どとこい公式サイト(Win/Mac/iOS) ブラウザ版
 どとこい……ドット絵のキャラクターを攻略する、ギャルゲー。 間違ってはいない。間違ってはいなかったのだが、初期段階はその予想を上回った。 ただの四角形だったのだ。  ブラウザで普通に遊べるため、どんな環境でも遊べる。ティラノプレイヤーでPLAYした時、ただ選択肢でセーブすると、ロード後に上手く動かない時があった。  制作者は男性かと思っていたのですが、どうも女性のようです。 妙にネタが細かい感じがする。好きです。  予想以上にルートが多く、ノーマル含めると9ルートにもなります。奥が深いね! これをフリーで出してくれるなんて太っ腹だな。 ところで中村君の立ち絵が最高に好みです。

ネタバレがあるため、以降に追記。

アピスラティオン

イメージ
全年齢女性向け恋愛ADV{フルヴォイス(主人公除く)}Windows 2000/XP/Vista/7800×600 px サイズ1周 2~3時間程度全14 EDスチル52枚+α2015年2月14日1200円(※送料込) ギャンブルの街アピスラティオン。かつてリゾート地だった『アピスラティオン』は小さなカジノや娯楽施設が数える程度で、客足も今ひとつであった。
しかしカジノホテル『ルルニア』を筆頭に街中に多くの刺激的な遊戯場を作り始め、アピスラティオンはギャンブル街として次第に有名になる。 ルルニアの一室で目を覚ました主人公・リリー(名前変更可)は、全ての記憶を失くしていた。その場にいたセシル達に保護され、記憶を取り戻すためにルルニアで生活することになるが……。大好きなhalfさんのシェアウェア作品。フリーで良い作品が多いので、買いました。おっ、まさかのフルボイスだったか。豪華だな。ただ音割れが気になるのが惜しいな。
 システムはYU-RISを使用しているため快適。スキップもそこそこ速く、既読スキップも当然完備。欲を言えばショートカットキー操作もあれば良かった。  銀髪のジェイルさん、絶対黒い……!!
 セシルさんは絶対、何か知ってる人だろうから後回しの方がいいかな……。まさかの泣き顔……鉄面皮はどうした。えっ、えっ、強そうなのに貧乏クジ役なの?! 何コレすごい同情してきた。
 笑った?! しかし、それでも何か胡散臭いなー。まだ裏がありそう。  一つだけ。一つだけわがままがある。デフォルトで名前を変えなかった場合だけ、きちんとリリーという名前で呼んでほしいというオプションが欲しい。←
 声優さん、多少音は割れてるけど全員良かったと思います。  共通ルートはあれど、大別して二つのルートがあります。更にキャラで分岐する形です。大筋は同じですが。
halfさんのフリーゲームをプレイして、お気に召したらこちらもプレイすると良いと思います。絵は大体綺麗ですよ。  以下はネタバレを含む、キャラごとの感想です。

AliceNightmare

イメージ
「――――ねえ、鳥籠の鳥の話を知っている?」無垢な微笑みを浮かべる少女は、幸せの意味を知らない。十九世紀英国ロンドン。青と緑、異なる瞳の色を持つ伯爵令嬢アリス・シャロットは双子の妹アリス・イヴリンと共に、父伯爵から不義の子と思われ、疎まれていた。妹のアリス・イヴリンだけが実父から毎夜虐待を受けることに、姉は心を痛める。残酷な日々をすごしつつも、自分達に辛苦を与え続ける父と、狂気に囚われた母を愛する娘。だが、伯爵家に住まう他の人々の目には、アリス・イヴリンの姿は映っていなかった。――――ふたりのアリスが紡ぐ、残酷な物語。
シェアウェアに負けないぐらいに濃い作品でした。それにしても暗い。実は「お茶会への招待状」のために、プレイしました。 システムは……ハッキリ言って必要最低限しかなくて、不便の一言。セリフはほとんど同じなのにも関わらず、既読スキップできなくて辛かった。スキップ速度も遅い。 だが、絵が綺麗だった。胸板厚くて、腕が細すぎる気がしないでもないが。あまり気にならない。 そしてシナリオは陰鬱で暗く、ものすごく重い。だが本気で幸せとは何かを考えてる作品だった。乙女ゲーと言うよりも、主人公カウンセリングゲーだと思う。下手に乙女要素入れるより、こっちで良かった。 主人公は銀髪のオッドアイ美少女という、正に中二病垂涎の容姿である。性格は良くも悪くもお嬢様。でも本気出すと強い。次回作でもそうだが、面倒な男たちばかりに好かれている。虐待シーンが辛い。 双子の妹は小悪魔風味の性格で、主人公とは全く異なっている。 トゥルーエンドよりもバッドエンドの印象が強烈な作品となった。次回作は180度違った作品になっており、そちらは万人にお勧めできる。鬱作品が好きな人は今作をお勧めする。 ネタバレがあるため、以降に追記。

お茶会への招待状

イメージ
「この街にはね、古い恋物語があるの――」
20世紀初頭、英国。古い時代から新しい時代へ、世界が急速に変化する頃。
田舎の農園で生まれ育ったドナは、流行やお洒落に興味を示すことなく、農園の仕事に日々勤しんでいた。
ところが、都会暮らしの祖母が亡くなってしまい、遺品整理のために生まれて初めて大都会ロンドンへと行くことに。
さっさと役目を終えて田舎に戻ろうと思っていたドナだったが、祖母のお茶会の客だったという人々が現れる。
今まで接したことのない都会の人間と交流を持つようになったドナ。
かつてロンドン社交界の名花と呼ばれた祖母が遺してくれたのは、楽しいお茶会だけ……? ゲーム制作サークル「.aihen」のフリー乙女ノベル第二弾「お茶会への招待状」。 このゲームをする前に、多少のネタを知っていた方が楽しめると聞いて、軽い気持ちで前作「AliceNightmare」をプレイしました。予想以上に本気で作ってました……脱帽しました。詳細は記事で書きましたので、そちらをご覧下さい。 絵は綺麗だし、システムも前作ほど不便ではありません。
音楽が耳に残る感じで、これまた素敵。
立ち絵、色んなポーズある~°˖✧( ´ω` )✧˖°
紅茶の缶を選ぶシーンがお洒落でいい感じ。銘柄はダージリンとアッサム以外知りませんでしたが。
何と言っても必要最低限の選択肢。とても好感が持てる。……んだけど、攻略ないと難しいです。成功の可否がわからん……。 私は暗い話より明るい話が好きなので、今作はとても楽しめています。主人公が明るいしね!! ギャグパートも面白いので、いつかのLEDAさんを思い出します。プリンスパニックと同じくらいの作り込みと、意気込みを感じます。……相当時間かけて作ってますよね。 ネタバレが多いので、少し隠しますね。