ノベルゲームエンジンに求めること

世界中で作られまくってるゲームエンジン。何故、依然ポコポコ作られまくっておるのか。優秀なの一つあればいいじゃないとか、そーゆー簡単なことではないようだ。

ほとんどはC言語系プログラムで出来ており、作り手の主義によってやりたいことが変わってくるのだろう。それに合わせて、処理を最適化するのだろう。

 更にノベルゲームは他のジャンルと比べて、制作が比較的簡単であるらしい。素人にはさっぱりだが。
 ここはそんな使い手が要望を言いたい放題、吐き出すページである。

最低限欲しい機能

アプリケーションまたはアーカイブ化
ブラウザで起動とかありますけれど、あれは好きでない。手軽であることは認める。
暗号化
どんなに優秀なエンジンでも、これがなっていないと意味がない。丸見えと言うことはゲームさえプレイしてもらえないかもしれない! 中身見るだけで終わるかも!
バックログ
たまにこれがなくて、ひどく残念な気分になる。読み飛ばしました。もう一回喋って下さいという……。
設定
これが存在しないゲームに合ったことはないのですが。BGM・SE・VOICEと文字速度・オート速度、ウィンドウ透過度は最低限欲しいところ。
既読判定
長いゲームはかったるいので、長くなればなるほど必要な機能。
動作サンプル
そのエンジンは何ができるのか、明確に解るように説明してくれるとありがたい。ソースを見れば、どういう記述をすればいいのか分かるし。理想としてはRen'Pyレベルの懇切丁寧さ。

あれば助かる機能

GUI + CUI
言わずもがな、画面構成がやりやすくなるため。ただ作業効率も考えるとスクリプトも使えるとなお良い。
クロスプラットフォーム
Windows/Mac/iOS/Androidは欲しいところ。ただ私はWindowsだけでも、今のところ問題ない。小さい画面は読むのにストレスが溜まるため、ノベルには向かない……。
既読色分け
地味に便利だと思うよ。なくても大丈夫ですが。
クイックセーブ・ロード
あると便利。
テンプレート
ギャラリー・回想・設定のテンプレがあるといい。ゲームによっては用語辞典などのおまけ要素も必要になるだろう。

このブログの人気の投稿

VisualStudioCode

お茶会への招待状

アピスラティオン